おすすめの図書 by edumap

たんぽぽ

冬の間、葉を寝かせていたタンポポが、春に新しい葉を出して立ち上がり、花を咲かせ、綿毛を飛ばして根付くまでの一生を描く。説明文は的確でわかりやすく、写実的な絵はすっきりとすがすがしい。地中深くのびた長い根の様子を4ページにわたって見せたり、240もの小さな花を並べたり、視覚的にも興味をさそいながら知識を伝える科学絵本。
平山 和子(著)北村 四郎(監修)平山 和子(イラスト)北村 四郎(監修)
出版: 福音館書店 (1976年04月)
詳しい内容をみる

11ぴきのねこ

11匹ののらねこは、いつもおなかがぺこぺこ。ある日、山の向こうの湖に怪物みたいな大きな魚がいると聞き、出かけていく。魚はとても大きくて、ねこたちには歯が立たない。とうとう、魚の好きな〝ねんねこさっしゃれ″の子守唄をうたって眠らせ……。画面一杯に動き回るねこたちの姿が、なんとも愉快。ニャゴニャゴ等の擬音やテンポよい語りが漫画風の絵とぴったり。『11ぴきのねことあほうどり』『11ぴきのねことぶた』等の続編も人気。
馬場 のぼる(著)
出版: こぐま社 (1967年04月)
詳しい内容をみる

こいぬがうまれるよ

「いいことおしえてあげようか? おとなりのいぬにあかちゃんがうまれるの。いっぴきわたしがもらうんだ!」ダックスフントの誕生の瞬間から、目が開き、2ヵ月後、引取られるまでを、モノクロ写真と一人称の語りで追う。袋に入って生まれる様子、得意げに歩き出す瞬間など、子どもをひきつけるシーンが多数。
ジョアンナ・コール(著)ジェローム・ウェクスラー(写真)つぼい いくみ(翻訳)
出版: 福音館書店 (1982年11月)
詳しい内容をみる

くまのコールテンくん

コールテンくんは、デパートで売られているクマのぬいぐるみ。買い物にきた女の子がお母さんにねだるが、ズボンのボタンが取れていて買ってもらえない。そこでコールテンくんは閉店後、ボタンをさがしに……。夜のデパートでの冒険はスリリング。コールテンくんに友だちと家ができる結末は、読者を幸せな気持ちで満たす。
ドン=フリーマン(著) まつおか きょうこ(翻訳)
出版: 偕成社 (1975年05月)
詳しい内容をみる

きつねのホイティ

食いしん坊ぎつねのホイティは、物干し場の着物を着て人間になりすまし、3人のおかみさんたちに夕食をねだる。だまされたふりをしていた3人の気のいいおかみさんだが、ホイティにばかにされ、ゆかいな仕返しを考える。底抜けに陽気なスリランカの絵本。のびやかな線と明るい色調の絵が南国の空気を伝える。
シビル ウェッタシンハ(著)シビル ウェッタシンハ(イラスト)Sybil Wettasinghe(原著)松岡 享子(翻訳)
出版: 福音館書店 (1994年03月)
詳しい内容をみる

いっすんぼうし

親指ほどの一寸法師が、おわんの舟で都へのぼり、鬼をやっつける有名な日本の昔話。やさしく、わかりやすい文章が耳に快く、気品漂う大和絵風の絵が、絵巻のように物語をくり広げる。とくに、都大路(みやこおおじ)のにぎわいや、清水詣(きよみずもう)での華やかな景色は、物語のイメージを充分にふくらませてくれる。大人も楽しみながら、子どもに読んでやってほしい。
いしい ももこ(著)
出版: 福音館書店 (1965年12月)
詳しい内容をみる

ピーターラビットのおはなし

こうさぎのピーターは、お母さんときょうだい3匹と森で暮している。お父さんは、お百姓のマグレガーさんの畑で〝事故″にあい、肉のパイにされたので、そこには行っちゃいけないと、お母さんはいう。だがピーターは言いつけを守らず……。英国の田園を舞台にしたハラハラドキドキの物語。細密で柔らかい色調の水彩画が魅力の小型絵本で、百年以上読み継がれている。シリーズが20冊近くあり、中には、しみじみとした趣の高学年向きの作品も。
ビアトリクス ポター(著)ビアトリクス ポター(イラスト)いしい ももこ(翻訳)
出版: 福音館書店 (2019年11月)
詳しい内容をみる

あいうえおの本

左ページに白木を組み合わせて立体的に作った大きな「あ」の文字、右ページには、その字ではじまる、あんぱんとアリの絵。ページを囲む縁飾りの中にも、アヒルやアサガオの隠し絵が。「き」には「北鎌倉⇔木更津」の切符など、遊び心いっぱい。子どもから大人まで楽しめる、美しくてユニークなあいうえおの絵本。
安野 光雅(著)
出版: 福音館書店 (1976年02月)
詳しい内容をみる